3Dゲームに適したパソコン

快適に3Dゲームをプイするには高性能なCPU・必要十分なメモリ容量・高速描画可能なグラフィック機能が求められます。

では、どんなパソコンが適しているのだろうか?
CPU
CPUとはパソコンが演算処理を行う最重要部分です。
3Dゲームをするには高度なCPUを搭載したパソコンでないと快適にはプレイできません。

CPU ハイスペックゲーム ミドルスペックゲーム ロースペックゲーム
FINAL FANTASY 14 など
モンスターハンター など サドンアタック など
Core i7
Phenom II X6/X4
快適にプレイするなら必須。 快適にプレイできます。 快適にプレイできます。
Core i5
Core 2 Quad
Phenom II X2/X3
プレイ可能でも快適にプレイするのは難しい。 まともにプレイするならこれ以上のCPUが必要。 快適にプレイできます。
Core i3
Pentium Dual-Core
Core 2 Duo
Phenom
Athlon II
なんとか起動しても、まともにプレイするのは難しい。 プレイ可能でも快適にプレイするのは難しい。 まともにプレイするならこれ以上のCPUが必要。
Atom
Celeron
Sempron
Duron
Pentium 4
Pentium III
ロースペックのゲームなら起動しますがまともにプレイできないかもしれません。
3Dゲームをするには性能不足です。

CPU性能比較はこちらをご覧ください。

メモリ
メモリはCPUが処理を行う際にデータを一時的に記憶しておく部分です。
3Dゲームをするには十分なメモリ容量を搭載したパソコンでないと快適にはプレイできません。

ハイスペックゲーム 快適プレイするなら3-4GBは必須です。余裕を持って6-8GB以上推奨です。
ミドルスペックゲーム 最低2GB、快適にプレイするなら4GB推奨。
ロースペックゲーム ロースペックゲームでもOSで1GB程度使われるので2GBは欲しい。

グラフィックカード
グラフィックカードはパソコンの画面表示する内容を演算してモニターに表示させる部分で3Dゲームをカクカクせずに快適に行ううえで重要な部分です。
3Dゲームをするには高度なグラフィックカードを搭載したパソコンでないと快適にはプレイできません。

CPU ハイスペックゲーム ミドルスペックゲーム ロースペックゲーム
FINAL FANTASY 14 など
モンスターハンター など サドンアタック など
Geforce GTX 580/570
RADEON HD 58xx
RADEON HD 59xx
快適にプレイするなら必須。 快適にできます。 超快適にできます。
Geforce GTX 550-560
RADEON HD 57xx
プレイ可能でも快適にプレイするのは難しい。 まともにプレイするならこれ以上のCPUが必要。 快適にできます。
Geforce GTS 450 なんとか起動しても、まともにプレイするのは難しい。 プレイ可能でも快適にプレイするのは難しい。 まともにプレイするならこれ以上のCPUが必要。
Geforce 5xx
Geforce GT 4xx
Radeon HD54xx
ロースペックのゲームなら起動しますがまともにプレイできないかもしれません。
3Dゲームをするには性能不足です。
 ※表中のxは任意の数字を表す(例:RADEON HD 58xx→RADEON HD 5850やRADEON HD 5870)

グラフィックカード性能比較はこちらをご覧ください。

OS
OSはWindows7/Vista/XPがありますが、ゲーム毎に対応状況が異なるので個々のゲーム毎にご確認したほうがいいでしょう。特別どのバージョンでも問題なければWindows7を選択しましょう。XPはサポートが2014年に終了するので注意が必要です。

Windows7にはHome Premium/Professional/Ultimateがありますが、(Professional/Ultimateに盛り込まれた追加機能が必要でなければ)Home Premiumで十分です。

Windows7には32bit/64bitがありますが、ゲーム毎に対応状況が異なるので個々のゲーム毎にご確認したほうがいいでしょう。どちらでも問題なければ64bit版を選択しましょう。32bit版はメモリを3GB程度しか認識できないからです。

ハードディスク
OS(windows)やソフトウェア(ダウンロードしたゲームプログラム)、自分で作成したデータなどを保存しておく部分。
3Dゲームをやる上で特に性能や要領にこだわらなくてもいい。500GBもあれば沢山のゲームをインストールして楽しむことが出来ます。
SSDにするとOSやソフトウェアの起動が多少早くなるがゲームのスピードにはほぼ影響は無いので無理してSSDにする必要は無い。

電源
3Dゲームをするには消費電力の大きいCPUやグラフィックボードを搭載しないとならないのでそれに合わせた電源容量が必要です。
またメーカー名や型番が不明な電源は避けたほうが無難です。80PLUS電源をお勧めいたします。

電源の必要容量はこちらをご覧ください。

PCケース
3Dゲームをするには大きなグラフィックボードが搭載可能で、排熱性が高く、拡張性の高いタワー型ケースがお薦めです。

ミドルタワーケース
フルタワーケース
ゲームパソコンは大きなグラフィックカードなどを搭載可能なミドルタワー以上のケースがいい。現在は大丈夫でも将来の拡張時の事も考えればミドルタワー以上が望ましい。
ミニタワーケース ミドルタワーケース、フルタワーケースに比べて排熱性・拡張性が劣るので出来れば避けたい。
省スペース
キューブ型
ケースが狭いので使用できるグラフィックカードが限られ、拡張性も低い、排熱効率も悪いのでゲームパソコンでは選んではならない。

BTOパソコン ゲームモデル
実はSONY、富士通などの一般パソコンメーカーのパソコンはゲームに適していません。一番の理由はグラフィック性能が高いパソコンは皆無と言ってもよく、低レベルな3Dゲームしか遊べません。

快適に3DゲームをプイするにはBTOパソコンのゲームモデルが最適です。その理由は・・・

 1.3Dゲームに適した高性能なCPU・メモリ・グラフィックカードを標準搭載している。
 2.更に高性能なCPU・メモリ・グラフィックカードにカスタマイズ注文できる。
 3.購入後しばらくたってからも最新のグラフィックカードなどに換装が容易にできる。
 4.ゲームタイトル毎に推奨モデルがあるので初心者もゲームに合わせて購入可能。
 5.SONY、富士通などの一般メーカーパソコンより安価で購入できる。

Galleria 人気NO1ドスパラのゲームパソコン。激安価格が人気の秘密。
G-Tune 上場企業マウスコンピュータのゲームパソコン。安定感と激安価格で人気。
G-Master 安定度の高いパーツで組み上げてもらえるサイコムのゲームパソコン。
G-GEAR 秋葉原老舗のパーツショップTSUKUMOの安心感と高サポートで人気。
Alienware 世界NO1パソコンメーカーDELLのゲームブランド。
パソコン工房 ユニットコム傘下のBTOパソコンメーカー。
faith ユニットコム傘下のBTOパソコンメーカー。
TWOTOP ユニットコム傘下のBTOパソコンメーカー。
FRONTIER パソコン雑誌でおなじみのFRONTIERのゲームモデル。
G-sprit PCパーツと自作パソコンの専門店PCワンズのゲームモデル。
VSPEC 多種多様のケースからゲームパソコンの選択ができる。
ハーキュリーズ 多種多様のケースからゲームパソコンの選択ができる。
ストーム 安定度の高いパーツで組み立て。
クレバリー 人気PCパーツショップのゲームパソコン。

ショップ比較はこちらをご覧ください。


MENU
HOME
CPU比較
GPU比較
CPU比較[ノート]
GPU比較[ノート]
電源容量
推奨スペック
ショップ比較

BTOショップ
ドスパラ
サイコム
Dell
HP
パソコン工房
マウスコンピュター
faith
TWOTOP
FRONTIER
エプソンダイレクト
Storm
TSUKUMO
ONKYO
レイン
1's
クレバリー
VSPEC
ハーキュリーズ
OZZIO

ゲームパソコン
Galleria
G-Tune
G-Master
G-GEAR
Alienware
パソコン工房
faith
TWOTOP
FRONTIER
G-sprit
VSPEC
ハーキュリーズ
ストーム
クレバリー

メーカー直販PC
lenovo
富士通WEBMART
NEC Direct
パナセンス
(C) 2004 GAMER FAN SITE All Rights Reserved.